愚痴、苦悩、やめたい・・・養護教諭の悩みで多いのはコレだ!

MENU

愚痴、苦悩、やめたい・・・養護教諭の悩みで多いのはコレだ!

仕事していると悩みや愚痴、辞めたいと思うことは必ず出てくるものです。養護教諭の場合も同じです。では養護教諭の場合はどのようなことが影響して辞めたいと思ったり、働いている上でどのような苦悩があるのでしょうか。

 

まずは勤務時間というものに関する悩みというのはよく聞きます。養護教諭の始業時間は朝の8時から夕方の5時位が大体平均的なのですが、この時間帯に仕事を終われるということはほとんどないでしょう。その理由としては残業の多さです。

 

養護教諭の場合には日中は学校の生徒の相手などをすることにより自分の仕事を片付けるということことがほとんどできません。その残してしまった仕事をいつやるのかとなると、放課後になってしまうのです。ですから養護教諭として働くのであれば残業は当たり前にすると覚悟しておいた方が良いかもしれません。

 

難関校の場合は特にこのようなことが多いそうです。また、やはり生徒に対する悩みも多いみたいです。養護教諭として働く中で生徒と衝突することは少なくありません。そういった事態で仕事に対して不安や愚痴を漏らしてしまうということはどうしてありますよね。

 

こういった悩みとうまく付き合えてこそ1人前の養護教諭になれるのかもしれません。他にも養護教諭としての悩み話はあります。養護教諭となると、ついつい保険の先生みたいな扱いをされがちですが、そういうふうに考えている教師とはなかなかうまく連携をとることができません。

 

養護教諭の仕事は実に幅広く、その忙しさは相当なものです。それを教師のほうも理解をしなければお互いの状況がよく分からないというふうになってしまうので、うまく連携をとることができません。しかし養護教諭として働く以上、他の職員や教師としっかりと連携していくことも必要不可欠になってきますから、これらの悩みを無視した養護教諭として働くこともできないというのが難しいところです。

 

えっ!絶対に失敗しない看護師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談