病院や医療機関と一味違うツアーナースの役割とは?

MENU

病院や医療機関と一味違うツアーナースの役割とは?

ツアーナースは、病院や医療機関とは一味違う仕事で、旅行などに同行して、旅行者の健康管理や事故、病気、ケガなどに対応します。

 

修学旅行では、生徒たちの健康を見守りながら突発的な怪我や病気に備え、一般の旅行に関してもツアーなどで旅行会社に雇用されて同行することがあります。

 

高齢者が多い旅行ツアーの場合、健康面にどうしても心配があります。そんな時、ツアーナースは、高齢者が楽しく旅行を過ごせるよう、健康管理を行い、自由行動中は施設で待機するなどの業務を遂行します。

 

ツアーナースの役割は、同行することに意義があり、安心して旅行ができる安堵感があります。ツアーナースが傍にいるだけで、緊急のことが起こっても応急措置を行うことができます。

 

イベントやコンサート、旅行などの楽しい場面でツアーナースがいれば、主催者もイベント参加者も安心して楽しむことができます。

 

最近では、コンサートやイベントなどで、熱中症などになってしまう人が増えているので、イベントにツアーナースを利用する主催者が多くなっていて、需要は大きく広がっています。

 

えっ!絶対に失敗しない看護師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談