残業、夜勤、土日休み・・・心療内科看護師の実態は?

MENU

残業、夜勤、土日休み・・・心療内科看護師の実態は?

仕事先で気になってしまうのが、残業の多さというものです。時間外労働が多いと、予定通りに仕事が終わらないわけなので、非常にきつい労働をすることになるかもしれないわけです。

 

前もって残業があることを知って仕事をはじめていればいいのですが、全く残業の事を知らずに働きはじめてしまうのは厳しいことです。仕事を辞めたくなる原因にさえなってしまうわけです。

 

心療内科の看護師の場合にも、残業はないわけではありません。ですので、残業や夜勤などには事前の注意が必要です。

 

残業はないとは言えないが少なめ

心療内科看護師の場合は、残業という部分ではそれほど多いということはありません。一般の看護師の仕事に比べたら、少ない傾向が強いです。

 

残業の内容ですが、週に1回から2回程度になることがほとんどです。

 

例えば、週初めの月曜日と週末の金曜日といった具合です。また残業時間は長時間にならないことが多いので、その点も安心できる職場です。

 

夜勤はなし

残業は少なめですが、夜勤についてはほとんど存在していません。外来担当になるはずなので、夜勤をする必要はありません。

 

毎日、一定のペースで働くことができるので、お勧めの看護師の職場と言ってもよいです。

 

まとめ

  • 残業は少なめ
  • 夜勤はなし

 

以上の2点は、心療内科で働く看護師の仕事のおおきな特徴になります。この点に魅力に感じて、転職をしたいと願う看護師の方も多いかもしれません。

 

もちろん、メリットだけではありませんが、上記の二つは非常に注目なメリットと言ってもよいでしょう。

 

えっ!絶対に失敗しない看護師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談