小児科看護師とは?仕事や業務内容を調べてみた(^O^)/

MENU

小児科看護師とは?仕事や業務内容を調べてみた(^O^)/

小児科看護師とは、看護現場において実践、指導、相談の3つの役割を果たします。子供の不安を取り除きながら、医師がスムーズに進められるように補助する役割があり、仕事内容は多彩です。

 

オムツ交換をすることもあり、疾患によっては、便の色や性状の観察なども行わなければなりません。

 

小児科看護師は、子供の状態の観察を常に行うことが必要で、最新の知識や技術を持ちながら、自立して対応していかなくてはなりません。非常に高い看護能力が求められる仕事で、各分野と連携して協働しながら子供の人権と尊厳を守っていく必要があります。

 

小児科看護師の業務内容は、他の診療科と同じく、医師の診察の補助が主業務で、治療や処置の準備、点滴や注射などがあります。吸入器が必要な患者には吸入器の準備を行い、レントゲンやMRIなどの撮影が必要な患者には、レントゲン室やMRI室などに案内します。

 

子供の病気を心配する保護者に対して、励まし諭すなどの業務もあります。小児科看護師は、子供の健やかな成長のため、家族も含めて支援していかなければならず、小児看護のエキスパート能力が求められる仕事です。

 

えっ!絶対に失敗しない看護師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談