転職前に考えよう!小児科看護師のメリットとデメリット(^o^)

MENU

転職前に考えよう!小児科看護師のメリットとデメリット(^o^)

転職前によく考えなければならないのが、小児科看護師のメリットとデメリットです。

 

メリットは、能動的に自立して考えて看護ができるところです。そして、各分野の著名な先生から、先端の知識や技術が学べるのも大きなメリットです。

 

また、同期の看護師などから、違った視点の発想や刺激を受けることができる仕事であり、自分で解決していくための思考や行動が身に付きます。やり甲斐が感じられる仕事であり、認定資格取得後も情報交換ができるなどメリットは多彩です。

 

キャリアアップ転職の場合なら、認定看護師資格は年収アップにもなります。子供の笑顔を見ると、こちらも元気をもらうことができるでしょう。

 

小児科看護師は子供のあらゆる症状に対応しなければならないので、様々な科目が学べるというメリットもあります。子供好きな人にとっては、とてもやりがいがある職場です。

 

デメリットは、親との関わり方が難しく、患者自身との意志疎通が図りにくいところです。

 

小児科看護師は、患者である子供だけでなく、親とも深く関わる仕事であるので、どうしても厳しい要望やクレームを受けるケースが多くなります。

 

えっ!絶対に失敗しない看護師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談