精神科看護師になるには?資格や経験は必要なのか・・・

MENU

精神科看護師になるには?資格や経験は必要なのか・・・

精神科という職場は、他の科と比較すると特殊なイメージが強く、特別な資格や経験がなければ看護師として働けないのでは? という誤解もあるようです。

 

しかし、実際には、看護師の資格を持っていれば精神科に就職することは可能です。

 

もちろん、精神科の特殊な業務内容についての知識や、精神科に勤務した経験があれば、精神科への就職は有利になります。それは、看護師に限らず、どのような職種であっても同じ事でしょう。

 

精神科の患者は時に暴言が出ることなどもあり、看護師には患者の言葉に振り回されない精神的な強さは必要とされます。なかには、患者に引きずられて看護師が精神疾患を抱えることになったというケースもあるようです。

 

人間との対話やコミュニケーションスキルに自信のない方には、精神科はオススメはできない職場であると言えるでしょう。相手の理不尽さに対話が成り立たない場合もあるといった点では、精神科の看護は子育てに似ているという声もあります。

 

出産・育児をきっかけに職場を退いていた看護師がブランクを理由に復帰をためらっている場合、子育ての経験が役に立つ可能性もあるので、精神科への転職による復帰も選択肢の一つとして考えても良いかもしれません。

 

えっ!絶対に失敗しない看護師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談