病院や医療機関と一味違う整形外科看護師の役割とは?

MENU

病院や医療機関と一味違う整形外科看護師の役割とは?

病院は病気を治す施設であり医師は患者の病気を治す事が主な仕事言えますが看護師の役割はさまざまです。その時の状況や患者・病院によっても大きく異なります。特に整形外科看護師の役割として一般的なものは患者が社会復帰出来るまでの生活サポート・治療サポートを行う事です。

 

もちろん、他の診療科の看護師同様に日々の体調管理やあらゆる介助作業等も行わなければなりません。また、骨折など運動器の外傷で訪れる人が多い整形外科では特に日常生活のサポートを必要とする患者が多くストレスを抱え治療に消極的になっている患者も少なくありません。

 

その為、患者とのコミュニケーションを大事にしながら信頼関係を築く事も重要な整形外科看護師の役割と言えます。なぜなら信頼関係を築けて初めて患者の精神面もケア出来るからです。身体的回復には精神面も非常に重要になってきます。特に整形外科では、リハビリ等を行う病院もありますので患者の精神面の回復ケアをし積極的にリハビリを行ってもらえればその分回復や退院も早くなる傾向にあるからです。

 

物を修理するのではなく人を治療する現場であるだけに患者ひとりひとりに合った治療・ケアが必要となります。特に整形外科では臨機応変に対応できる柔軟性が看護師には必要なってきます。

 

医師と患者の間で治療から回復までをサポートすること、患者が安心して治療に専念できる環境を作り出すことが整形外科看護師の存在意義とも言えるでしょう。

 

えっ!絶対に失敗しない看護師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談