産業保健師の収入調査!給与・ボーナス・年収はどれくらい?

MENU

産業保健師の収入調査!給与・ボーナス・年収はどれくらい?

産業保健師として働くことを考えている人は多いと思います。最近産業保健師という仕事の人気は徐々に高まってきていますから。では、そんな産業保健師の職につくと年収はどれくらいになるのでしょうか。

 

産業保健師といっても看護職の中の1つという風に考える人も多いですから、看護職全般に見られる安い給料というのを想像されがちです。ですが産業保健師は看護職の中でも比較的給料が高い方だと思います。その理由の1つには産業保健師の高学歴化というのが関係しています。

 

ここ数年、産業保健師になる人の学歴がどんどん高くなっているという傾向があります。4年制大学を卒業してから産業保健師になるという人もかなりいます。そうなってくると実際に産業保健師として働きだす年齢の平均も上がってきますので、その分給料も少しずつ高くなるという仕組みになっています。

 

ちなみに産業保健師の年収は40代平均ですと400万以上、500万円未満というのが多いそうです。このデータの中に当てはまる人が約3割にものぼるというのが調査の結果でわかっていますですが、逆を返せばこれは全体の3割のデータにすぎません。

 

実際には産業保健士として働いていて、年収が300万円台にしかならないという産業保健師もいますし、その反面で一千万以上の年収を受け取っている産業保健師もいます。産業保健師として働く中でどれくらいの規模の企業に雇用されるかというのも、その産業保健師の年収には関わってきます。

 

こう考えてみると産業保健師の年収にはかなりのばらつきがありますから、平均でいくらもらっているかというのはあまり参考にならないかもしれません。ちなみに産業保健師全体の年収平均は472万円となっています。とは言えこれは産業保健師以外の職員も含んでしまっている年収だそうですから、実際のところ大半の産業保健師の年収としては400万円前後といったところだと思います。なので病棟勤務の看護師と、年収だけ見るのであればそんなに大きな違いはないといえます。

 

えっ!絶対に失敗しない看護師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談