産業保健師に向いてる人、向いてない人。適正を考える(^_^)

MENU

産業保健師に向いてる人、向いてない人。適正を考える(^_^)

産業保健師という仕事を考えた時、どういった人が産業保健師に向いているのでしょうか。産業保健師になりたくとも産業保健師としての適性がなければ当然採用されないでしょう。

 

また、適性のない人は結局その職場にいること自体が窮屈に感じてしまいますから、産業保健師として仮に採用されても長く仕事を続けることは困難だと思います。

 

産業保健師としての適性ですが、これはまず職場環境や仕事内容ということから考えていく必要があります。産業保健師の仕事としてはその企業に勤める人の健康状態や体調などの情報を管理することが大きです。

 

そして適切なアドバイスをして労働環境を改正するというのも産業保健師の主な仕事でもあります。その仕事をするにあたって一人当たりの産業保健師が受け持つ人数というの十人や二十人程度の数ではありません。その数が数百名に上るのが普通です。

 

その人達と根気強く対話していくという作業が産業保健師に求められますです。そういった地道な作業に対しても取り組むことができるというのは産業保健師として適性としては必須となってくるでしょう。こういった事が出来ないと産業保健師として働くことはそもそも難しいです。

 

また、産業保健師の職場では基本的に一人の産業保健師のみが入ることになりますから、同僚や先輩というのも存在しない場合が多いです。

 

そういった、ある種孤立した環境化においてもストレスを感じないことであったり、何をするべきか分からなくなったときしっかりと自分で考えて答えを出すことができるというのは重要になってきます。

 

えっ!絶対に失敗しない看護師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談