病院や医療機関と一味違う産婦人科看護師の役割とは?

MENU

病院や医療機関と一味違う産婦人科看護師の役割とは?

産婦人科看護師は他の医療機関と比べて少し特殊な部分があります。

 

婦人科の場合は、検査をする、治療をするという目的に関しては各種検査に携わりますので他の診療科と似ています。しかし、産科は他の診療科とは違い、特殊です。

 

産科には助産師さんが多くいます。助産師は看護師の資格を持った、出産に関するベテランです。そのため、出産に関する知識や行動力は抜群にあるので、看護師とは一線を引いていることが多くあります。

 

実際に分娩に関わるのは、助産師、生まれたあとの看護をするのが看護師というような感じで仕事内容が分かれていますし、助産師の方ができる仕事の範囲は広いので、看護師はフォローするということになるでしょう。

 

また仕事としては、悪いところを直すというイメージの病院と違い、健康体での出産というのが産科での仕事になります。なので、治療というよりは、お産への準備として患者への知識を植え付けるのが仕事でしょう。

 

助産師と看護師の違いを説明しましたが、患者からしたらその違いはわかりません。そのためわからないことがあったら看護師、助産師関係なく質問をされます。

 

出産に向けての知識を与え、安心して出産へ望める環境を作ることが看護師の存在意義と言えるでしょう。

 

初めての出産の場合、特に不安がたくさんあります。看護師からしたら小さなことと思えることも初めての人にとっては、不思議なこと、不安なことです。

 

そのことに対して、冷たい態度や忙しいからという態度を出さぬように、助産師では伝えきれなかった部分を看護師がカバーするというのが大きな役割です。

 

えっ!絶対に失敗しない看護師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談