辛くない?産科看護師の勤務時間を調べてみた(^_^)v

MENU

辛くない?産科看護師の勤務時間を調べてみた(^_^)v

産科の看護師として働くことになった場合、その勤務時間はどのようになっているのでしょうか?勤務時間というのは、職種によっても当然変わってきますが、職場の方針によっても変わってきます。

 

ですから、この職種であれば具体的に一日の勤務時間はどれくらい、ということをはっきり言い切ることはできません。それは産科の看護師も同じです。しかし、ある程度の相場というのは分かります。

 

産科の看護師の場合、他の多くの看護職同様通常の勤務時間が終了した後も、残業や夜勤をこなしていく必要があります。

 

夜勤が体力的に厳しくなってくるということを理由に、産科の看護師には一定の年齢制限が設けられているくらい、産科看護師の夜勤というのは当たり前についてくるものなのです。

 

もちろんどのようなシフトを組むのかによって、週に何回、月に何回残業や夜勤が入るのかというのは変わってきますが、産科看護師への就職、及び転職を考えているのであれば、このことは覚悟しておいた方が良いです。

 

キツイ言い方になるかもしれませんが、残業や夜勤が体力的に無理だという人は、産科の看護師は諦めて、別の夜勤や残業のない看護職を目指すことをお勧めします。ただ、その前に出来る事もあります。

 

看護師の就職支援サイトでは、膨大な求人を取り扱っています。そんな多くの求人の中には、夜勤のない産科クリニックなどの求人も存在するかもしれません。

 

先ずはそれらを活用してみて、一通りの求人を把握してからでも遅くはないでしょう。

 

えっ!絶対に失敗しない看護師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談