一般の看護師と比べて婦人科看護師の給料は高い?【月収・平均年収】

MENU

一般の看護師と比べて婦人科看護師の給料は高い?【月収・平均年収】

一般の看護師と婦人科看護師の比較を行います。看護師についても、働く科目や職場よりいろいろな差が生まれてきます。特に給料には大きな差が生まれてくることがあります。

 

一般看護師と婦人科看護師の給与比較というものを行いまして、実際にどれほどの差があるのかを調べてみようと思います。一般の看護師を目指す方と、婦人科看護師を目指す方にぜひ参考にしてもらいたいです。

 

・平均月収
・平均年収

 

以上の2点について詳しく述べさせていただきます。

 

【一般看護師の婦人科看護師の平均月収について】

 

一般看護師の平均月収は以下の通りです。

 

・330,000円ほど

 

300,000円をオーバーしてきますので、かなりの金額といってもよいでしょう。他の職業の場合にそのくらいの月収になることは非常に難しいです。

 

一方で、婦人科看護師の平均月収については以下の通りです。

 

・330,000円ほど

 

基本的に一般看護師も婦人科看護師も同程度の月収を頂くことができるわけです。ただ、わずかながら、婦人科看護師のほうがいただける額が多くなる傾向もあります。

 

【一般看護師の婦人科看護師の平均年収について】

 

次に年収について調べてみます。

 

一般看護師の平均年収は以下の通りです。

 

・4,700,000円ほど

 

看護師はかなりの水準の年収をもらっていることが分かります。一般的な職業の平均と比べてみても高めになります。

 

では、婦人科看護師の平均年収についてですが、以下の通りです。

 

・4,800,000円ほど

 

ほぼ同程度になりますが、わずかながら婦人科看護師のほうが高めであるということが分かります。ただ、それほどはっきりとした差でもありません。その点は、給料の情報として正しく把握しておくことが必要です。

 

えっ!絶対に失敗しない看護師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談