残業、夜勤、土日休み・・・婦人科看護師の実態は?

MENU

残業、夜勤、土日休み・・・婦人科看護師の実態は?

残業や夜勤、そして土日休みというものが大きなテーマになっています。そういったものが少しでも良い条件の職場を探している方も多数いると思います。

 

実際に仕事を辞める方で多いのが、残業が多いという事や夜勤が多いという事、さらに土日休みがないという事があります。そういった面も待遇面に関わってきますので、少しでも良い状況の職場を探している方もいるわけです。

 

しかし、職業柄そういったものがだいたい決まってしまうものもあります。職場云々というよりも、仕事の特徴というものが関わってくるわけです。特に婦人科看護師などは決まっていることが多いです。

 

 

■■婦人科看護師の残業■■

 

婦人科看護師の残業はそれほど多いわけではありません。シフトがしっかりと決まっている仕事になりますので、その時間を大幅に超えてまで残業になるという可能性も少ないわけです。

 

ただ、月初めや月末は少し残業が多くなる傾向も強いです。その点は覚えておきましょう。

 

 

■■婦人科看護師の夜勤や土日休み■■

 

婦人科看護師の夜勤というものも考える必要があります。産婦人科となれば、基本的に夜勤というものが多くなります。しかも夜に出産になることも多いので、深夜にハードな仕事が始まることもあるわけです。

 

夜勤については、すこし条件が悪いのが婦人科看護師と考えられます、

 

また、土日休みについてもそれほど期待はできません。入院患者の方もいますので、そちらに対応しなければいけません。外来患者の方は土日は少ないので、それほど多くの方は働いていません。しかし、当番で土日勤務になることが一般的です。

 

えっ!絶対に失敗しない看護師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談