愚痴、苦悩、やめたい・・・婦人科看護師の悩みで多いのはコレだ!

MENU

愚痴、苦悩、やめたい・・・婦人科看護師の悩みで多いのはコレだ!

婦人科に勤める看護師の方には多くの悩みが実際に存在しています。婦人科看護師の仕事は様々な仕事内容がりますので、そういった部分を負担に感じる方も多いです。

 

また、婦人科看護師はできる仕事内容は限られてしまう事もあります。これは資格による部分になるので仕方がないわけですが、ちょっと不満に感じてしまっている方も少なくはありません。

 

・婦人科看護師の悩みについて

 

【制限される仕事内容】
産婦人科で働く看護師の方は、思った以上にできる仕事は限られています。イメージとして出産に立ち会えるという事を考える方も多いです。

 

しかし、それは実際にはできません。出産に直接かかわるのは助産師の方たちになります。看護師の方に出産に直接かかわる権利がないわけです。

 

仕事が制限されるわけですが、対処することも可能です。それは助産師になることです。そもそも、もともと看護師の方が現状では助産師をしているわけです。もっと婦人科で活躍したければ、助産師になるという選択肢も考えましょう。

 

【夜勤がきつい婦人科看護師】
妊婦の方が入院をしたりしますので、婦人科看護師は夜勤があります。その仕事に悩みを抱えている方は多いです。

 

夜勤は実際に厳しい仕事になります。生活にも大きな影響を与えかねません。そのような部分を悩みとしている方も少なくはありません。ただ、夜勤は看護師の方にはあるものだと思ってください。

 

夜勤については慣れも重要です。また3交代制になれば楽になります。3交代制の職場への転職を考えても良いかもしれません。

 

えっ!絶対に失敗しない看護師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談