転職前に考えよう!婦人科看護師のメリットとデメリット(^o^)

MENU

転職前に考えよう!婦人科看護師のメリットとデメリット(^o^)

転職希望先については、メリット・デメリットがあるわけですが、実際に注目しなければいけないものとして、客観的な判断があります。

 

婦人科看護師の仕事をしたくて、メリット・デメリットを考えても、どうしても主観が入ってしまいます。それでは正しい判断が下せません。

 

そこで婦人科看護師の特徴から簡単にメリット・デメリットを探ってみましょう。特徴から入れば、かなり客観的な情報に触れることができます。

 

産婦人科看護師のメリット

  • 新しい命の誕生に立ち会える

 

これは、他の科目に全くないものです。新しい命の誕生に直接的に関わることができる仕事です。

 

実際に働いている方にとっても、こちらにやりがいを感じている方が多いです。それだけ素晴らしい存在と言っても間違いないでしょう。

 

  • 業務内容が豊富(有効な経験を積むことができる)

 

婦人科看護師は多くの業務に携われるというメリットがあります。一般的な看護師の業務のほかにも、検査業務なども存在しています。

 

思った以上にしなければいけない事も多いのが、婦人科看護師です。一度でも経験しておくと、それが有効な経験となってくれるはずです。

 

  • 産婦人科看護師のデメリット
  • 責任が非常に思い

 

一方で責任の重さというデメリットもあります。赤ちゃんが生まれてくるわけですが、赤ちゃんは非常に弱い存在です。

 

そちらに関わるという事になりますので、簡単な仕事ではないと理解していただくことが正しいものになると思います。

 

  • 夜勤の仕事がある

 

婦人科看護師の場合は夜勤が存在しています。ですので、勤務体系としては少し厳しい事もあります。患者の様子を見て回ったり、新生児の様子を確認したりする作業も存在しています。

 

母子ともに状態が急変するようなこともありますので、気が抜けない夜勤となります。特に新生児については、夜勤でも対応しなければいけませんので、比較的看護師の中でもハードな夜勤になります。

 

えっ!絶対に失敗しない看護師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談