産婦人科看護師の面接対策!志望動機・自己PRのポイントとは?

MENU

産婦人科看護師の面接対策!志望動機・自己PRのポイントとは?

産婦人科看護師にどうしてもなりたい場合には、確実に対策をしてほしいところがあります。それは面接対策です。看護師の転職などは、ほとんど面接で合否が決定します。面接でいい結果が残せなければ、採用は難しいかもしれません。

 

面接では面接官から様々な事が効かれます。中にはかなりの時間を取ってじっくりと行う場合もあります。産婦人科看護師の仕事は責任感が非常に必要なものになります。良い人物を医療機関側も採用しなければいけません。

 

ですから、「志望動機」と「自己PR」はしっかりと考えて対処しなければいけません。

 

産婦人科看護師になるため志望動機

産婦人科看護師として働きたいのですから、その決意を語ると良いでしょう。産婦人科に関わるということは、どこかにやりがいを感じているはずです。それをしっかりとまとめて面接の時にお話ししましょう。

 

さらに、その産婦人科を希望する理由も確実に付け加えてください。「決意」と考えられる「やりがい」、そしてその医療機関の「産婦人科を希望する理由」を含めた志望動機を語れば問題ありません。

 

産婦人科看護師になるための自己PR

自己PRについては先ほど少し述べましたが、とにかく新しい命にかかわる仕事になりますので、責任感というものが非常に大切になります。自身がいかに責任感が強いのかということをアピールしましょう。

 

その責任感のアピールについては、今までの看護師としての仕事上の経験を混ぜて語るのがおすすめになります。

 

さらに、産婦人科として働いた経験があればアピールしましょう。経験というものは最大のアピールになると思っていただいて良いです。

 

えっ!絶対に失敗しない看護師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談