愚痴、苦悩、やめたい・・・産婦人科看護師の悩みで多いのはコレだ!

MENU

愚痴、苦悩、やめたい・・・産婦人科看護師の悩みで多いのはコレだ!

産婦人科看護師には、産婦人科看護師独特の悩みというものがあります。悩みの内容については、その職場の方でなければあまり知られていないこともあります。

 

産婦人科看護師の独特の悩みですが、なかなか解消できないものもあります。その悩みに上手く対処できなければ、結果的にためなければいけないこともあります。どのような職場の悩みがあるのかを把握しましょう。

 

思ったよりも中絶手術が多い

産婦人科看護師になる方の多くは出産に立ち会えるという部分に憧れを思っています。新しい生命の誕生に対して、喜びを感じるような意欲の高い方が産婦人科看護を目指します。

 

しかし、産婦人科では思った以上に中絶手術が多いわけです。ですので、そういった部分で複雑な気持ちになってしまう方も多いのが実情です。強い気持ちを持って職務が行える方でなければ、勤めきることは難しいかもしれません。

 

夜勤の多さの悩み

産婦人科看護師の悩みでは、夜勤の多さというものも多く指摘されています。夜勤についてはかなりの数があります産婦人科は、入院している方も多いです。

 

深夜に出産することもありますので、深夜の時間帯でもある程度の看護師の方はいなければ対応できませんので、他の看護師の職場よりも夜勤が多いです。ですので、夜勤について苦にしないという方でなければ悩みにつながってしまうかもしれません。

 

転職先が少なくなっている

産婦人科看護師については、転職先が少なくなってきています。産婦人科自体の数が減少しているからです。

 

将来的にさらに減る可能性も指摘されていますので、転職という悩みも産婦人科看護師は抱えています。

 

えっ!絶対に失敗しない看護師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談