産婦人科

MENU

えっ!絶対に失敗しない看護師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談

産婦人科看護師には、産婦人科看護師独特の悩みというものがあります。悩みの内容については、その職場の方でなければあまり知られていないこともあります。産婦人科看護師の独特の悩みですが、なかなか解消できないものもあります。その悩みに上手く対処できなければ、結果的にためなければいけないこともあります。どのような職場の悩みがあるのかを把握しましょう。思ったよりも中絶手術が多い産婦人科看護師になる方の多くは出...

産婦人科看護師にどうしてもなりたい場合には、確実に対策をしてほしいところがあります。それは面接対策です。看護師の転職などは、ほとんど面接で合否が決定します。面接でいい結果が残せなければ、採用は難しいかもしれません。面接では面接官から様々な事が効かれます。中にはかなりの時間を取ってじっくりと行う場合もあります。産婦人科看護師の仕事は責任感が非常に必要なものになります。良い人物を医療機関側も採用しなけ...

転職希望先については、メリット・デメリットがあるわけですが、実際に注目しなければいけないものとして、客観的な判断があります。婦人科看護師の仕事をしたくて、メリット・デメリットを考えても、どうしても主観が入ってしまいます。それでは正しい判断が下せません。そこで婦人科看護師の特徴から簡単にメリット・デメリットを探ってみましょう。特徴から入れば、かなり客観的な情報に触れることができます。産婦人科看護師の...

婦人科看護師は、一般的な内科や外科とは違った職場になります。一般的な内科や外科で働いてきた方とは違った仕事内容も多くありますので、注意して対応をしてもらいたいです。特に転職を考えている時には、必ず確認をして自分に適性があるのかを確かめていただきたいと思います。適性がないと判断できれば、転職を思いとどまる事も出来ます。一方で、適性があるとなれば、堂々と目指すことができるわけです。検査業務婦人科看護師...

看護師の仕事はどの求人を見ても必ずあるくらい数多く募集をかけています。そのくらい人手が足りない分野であり、産婦人科も同様に人手が足りていないと言われています。しかし、出産の数が減っていることもあり、昔に比べると若干募集数が減っているようにも感じます。その中から自分が働きたいと思える求人を見つけ出すにはどうしたら良いでしょうか。産婦人科の場合、大きな病院でなくても入院施設が伴っていることが多いです。...

看護師で転職をする場合ですが、特に注意していただきたいのが年齢制限というものです。実は、表向きには看護師に年齢制限はありません。何歳までも働けるというのが看護師の特色になります。しかし、転職ともなれば話は変わってきます。一定以上の年齢の看護師は採用されないことになります。このこと自体は仕方のないことになりますので、自分の転職したい看護師のタイプの年齢制限を確認しましょう。産婦人科看護師の転職の年齢...

婦人科に勤める看護師の方には多くの悩みが実際に存在しています。婦人科看護師の仕事は様々な仕事内容がりますので、そういった部分を負担に感じる方も多いです。また、婦人科看護師はできる仕事内容は限られてしまう事もあります。これは資格による部分になるので仕方がないわけですが、ちょっと不満に感じてしまっている方も少なくはありません。・婦人科看護師の悩みについて【制限される仕事内容】産婦人科で働く看護師の方は...

看護師が希望する診療科の中でも産婦人科は常に上位にあるくらい、人気の職場です。子供と関われるという考えがあると思いますが、産婦人科の仕事はいい部分だけではありません。もちろん大変な部分もあります。働くことでのメリット、デメリットについて記載しますので、両方共飲み込んだ上で求人を探してみてください。まずデメリットについてです。順調な出産だけが看護師の仕事ではありません。望まない出産や、不幸にも流産・...

転職する時ですが、仕事によっては年齢制限がある場合も存在しています。その年齢制限というものですが、詳しくチェックしなければいけないものも存在しているわけです。仕事自体で設定されているものや、職場自体で設定されているものもあります。ですので、基準はあいまいと言えます。転職を計画している側にとっては、少し頭が痛い部分です。特に看護師の転職の年齢については、明示されていることはほとんどありません。難しい...

産科の看護師として働くことになった場合、その勤務時間はどのようになっているのでしょうか?勤務時間というのは、職種によっても当然変わってきますが、職場の方針によっても変わってきます。ですから、この職種であれば具体的に一日の勤務時間はどれくらい、ということをはっきり言い切ることはできません。それは産科の看護師も同じです。しかし、ある程度の相場というのは分かります。産科の看護師の場合、他の多くの看護職同...

残業や夜勤、そして土日休みというものが大きなテーマになっています。そういったものが少しでも良い条件の職場を探している方も多数いると思います。実際に仕事を辞める方で多いのが、残業が多いという事や夜勤が多いという事、さらに土日休みがないという事があります。そういった面も待遇面に関わってきますので、少しでも良い状況の職場を探している方もいるわけです。しかし、職業柄そういったものがだいたい決まってしまうも...

看護師の就職率は非常に高いです。転職をしても、いずれかの医療機関には必ずと言ってもいいほど就職が決まります。望めば、ほぼ100パーセントの結果が得られると言っても過言ではありません。もちろん選り好みをしていては難しい場合もあります。一方で看護師では離職率の高さは大きな問題になっています。各医療機関も離職率の高さに頭を悩ませている現状があります。産婦人科看護師についての離職率にも着目しましょう。特に...

産婦人科看護師の就職や転職を計画している方は、産婦人科看護師に合わせたような転職活動や就職活動を行うべきです。転職活動や就職活動は、何も求人を探すだけではありません。他にも対策方法があります。その一つに小論文対策があります。就職採用試験や転職採用試験として小論文が出てくる可能性があります。ですから、そちらの対策をしておくことも重要です。看護師採用試験で行われる小論文とは看護師採用試験で行われる小論...

一般の看護師と婦人科看護師の比較を行います。看護師についても、働く科目や職場よりいろいろな差が生まれてきます。特に給料には大きな差が生まれてくることがあります。一般看護師と婦人科看護師の給与比較というものを行いまして、実際にどれほどの差があるのかを調べてみようと思います。一般の看護師を目指す方と、婦人科看護師を目指す方にぜひ参考にしてもらいたいです。・平均月収・平均年収以上の2点について詳しく述べ...

産婦人科看護師は他の医療機関と比べて少し特殊な部分があります。婦人科の場合は、検査をする、治療をするという目的に関しては各種検査に携わりますので他の診療科と似ています。しかし、産科は他の診療科とは違い、特殊です。産科には助産師さんが多くいます。助産師は看護師の資格を持った、出産に関するベテランです。そのため、出産に関する知識や行動力は抜群にあるので、看護師とは一線を引いていることが多くあります。実...