辛くない?オペ看護師の勤務時間を調べてみた(^_^)v

MENU

辛くない?オペ看護師の勤務時間を調べてみた(^_^)v

仕事と職場により勤務時間は様々です。医療機関によっても勤務時間には差があります。また、看護師の中でも勤務時間は様々となります。

 

一つ一つの職場によって大きな違いがありますので、働く予定のある方は自分の働きたい職場の勤務時間を把握しなければいけません。

 

オペ看護師の勤務時間とは

オペ看護師にお勤務時間ですが、手術が行われている時間が、まさに勤務時間になります。手術は昼間の時間帯のみになることがありますので、昼の時間に勤務することになります。

 

では、いくつかの医療機関のオペ看護師の勤務時間の実例をあげさせていただきます。

 

  • 午前8時30分から午後5時まで(平日日勤)
  • 午前8時30分から午後5時30分まで(平日日勤)
  • 午前8時30分から午後4時30分まで(平日日勤)
  • 午前8時30分から午後0時30分まで(土曜日勤務)
  • 午後4時30分から午前9時まで(夜勤)

 

以上のような勤務時間になります。それどれ日勤なら1時間程度の休憩が入りますし、夜勤ならそれ以上の休憩が入ります。日勤なら8時間程度になります。

 

夜勤については、基本的にかなり差があります。上記したように、かなり長時間になるところもありますし、日勤と同じように8時間程度の夜勤になる場合もあります。

 

非常勤のオペ看護師の勤務時間とは

オペ看護師の中にも非常勤の方はいます。その方の勤務時間は、上記のように長時間のものばかりではありません。短時間勤務になることもあります。

 

1日当たり4時間から5時間の勤務になることも可能ですので、あまり長時間働きたくない方は非常勤への転職を考えるのも一つの方法です。

 

えっ!絶対に失敗しない看護師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談