残業、夜勤、土日休み・・・オペ看護師の実態は?

MENU

残業、夜勤、土日休み・・・オペ看護師の実態は?

オペ看護師として働く場合には、勤務形態を確認しましょう。オペ看護師の職場をチェックすることでだいたいの勤務形態が見えてきます。その仕事の時たちもそちらから確認できるでしょう。

 

オペ看護師ですが、“残業”、“夜勤”、“土日休み”、というものから考えてみましょう。

 

オペ看護師の残業

オペ看護師ですが、残魚の有無ですが基本的にはあります。オペの時間が長時間に及ぶこともあるからです。前もって予定時間は決められていますが、途中で伸びてしまうことも珍しくありません。1時間や2時間伸びる程度ではなく3時間や4時間延びてしまうこともあります。

 

一方で、毎回手術時間が延びてしまうわけではありません。予定より早く終わることもありますし、予定ちょうどに終わることもあります。ですので、毎回残業になるということはありません。

 

オペ看護師には夜勤はあるのか

オペ看護師ですが、夜勤については基本的にはありません。絶対にというわけではありませんが、とにかく予定されている手術は昼間だけになります。ですので、夜勤という設定はほとんどありません。

 

ただし、救急搬送されてきたような方がいる場合には、夜勤になることもあります。ですので、こちらについては急急指定の医療機関であるのか、ということも関わってくることになります。

 

オペ看護師は土日に休めるのか

オペ看護師ですが、土日については基本的に休みになることが多いです。土曜日や日曜日については手術が予定されていることは少ないです。特に日曜日は手術をお休みとしている医療機関が多いので、休みになります。

 

土曜日については勤務があったとしてもお昼すぎ程度までになります。平日のようにいっぱいいっぱい手術がいれられることは少ないと思ってください。

 

えっ!絶対に失敗しない看護師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談