オペ室ナースってどんな仕事?特徴やあり方を考えてみた(^_^)

MENU

オペ室ナースってどんな仕事?特徴やあり方を考えてみた(^_^)

オペ室ナースは転職希望者の結構多い職種ですが、普通の看護師と違うところ、オペ室ナースの特徴というものが当然あります。オペ室ナースになりたいけれど、具体的な仕事内容はよく知らない。そういう人たちの参考になればと思い、今回はオペ室ナースの特徴を書いていくことにしました。

 

オペ室ナースの特徴ですが、何といっても一番大きな特徴はオペ室で働くということです。当たり前ですね。しかしこれ、手術の補助だから看護じゃない、看護師の仕事じゃないとか結構色んな意見があるんです。そういう意味ではやっぱり、オペ室で働くのがオペ室ナースっていうのは絶対に抑えておきたいのです。

 

そんなオペ室ナースの仕事ですが、大まかにわけて二つあります。それは機械出しと外回りなのですが、機械出しの方はよく医療ドラマとかでも活躍していますからある意味馴染み深いのではないでしょうか?医師に「メス!」と言われてメスを渡すあの看護師さんが機械出しです。

 

でも、どうして医者が直接自分で取らないのか、気になりませんか?それは、医師は自分の術野に集中したいからなんです。例えば予期せぬ出血とかが起きたとき、片手で抑えながら片手で器具を探す、なんていうことはできませんからね。医師はあくまで術野に集中する。その手助けの役割を機械出しは行っているのです。

 

外回りは主に手術の記録、足りない器具の補充、患者の経過観察、器具の確認など、機械出しでは手が回らない部分の補助を行っています。

 

えっ!絶対に失敗しない看護師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談