手術室

MENU

えっ!絶対に失敗しない看護師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談

仕事には悩みが付きものです。完璧な仕事というものもありません。自分に適正がある仕事だと持っても、どこかには不満というものがあるわけです。不満については、自分にとって解消できる範囲内のものが、解消できないものかで大きく異なります。そのまま仕事を続けられるのかにもかかわってくる部分なので、注意して対応する必要があります。不満の多い仕事と言えば、看護師があります。忙しさや人間関係での不満も多く注意しなけ...

オペ看護師になりたいと思ったらどのような病院を探したら、就職しやすいのでしょうか。病院探しのポイントとしては、手術数が多い病院を選ぶことです。手術数が多いということは、珍しいオペをしているまたは最先端のオペに取り組んでいる病院ですので、手術で活躍する看護師が必要となり求人数も増えます。自分が学ぶ環境としても最先端医療に触れることができ、とてもいい経験になるでしょう。自身で候補の病院が見つかり、いざ...

手術室看護師になるには、求人の探し方に留意する必要があります。まず、手術室看護師にスポットを当てた情報サイトに集中することです。手術室に勤務する看護師の場合、手術室で働きたいという明確な意志や、向上心を持った看護師が多いようです。手術室看護師の求人は病棟勤務より数が少なく、人気も高い傾向にあります。ハローワークや求人雑誌に掲載された頃には、既に多くの人が募集していて競争率も高いようです。実は表立っ...

手術室看護師と一口に言っても、病院によって勤務環境は異なります。オペ件数、診療科目、室数、オンコールの有無などの情報は、事前に求人サイトでしっかり把握しておく必要があります。看護師専門の求人サイトを利用すれば、専任のアドバイザーが手術室看護師の求人紹介、情報提供をしてくれます。各種手続きの代行や、面接練習や履歴書添削などのサポートも無料で利用することができます。ハローワークなどでは手に入らない独自...

オペ室ナースとして働こうと思った際には、必ず就職を希望する病院で面接を行うことになります。しかし、この面接、一体どのように対応するのが1番ベストなのでしょうか。と言うことで、今回はオペ室ナースとして働く時に行う面接の注意点を中心に書いていきたいと思います。まず、オペ室ナースになるための資格ですが、これについては特に必要なものはありません。強いて言うのであれば、准看護師か看護師としての資格のみです。...

仕事と職場により勤務時間は様々です。医療機関によっても勤務時間には差があります。また、看護師の中でも勤務時間は様々となります。一つ一つの職場によって大きな違いがありますので、働く予定のある方は自分の働きたい職場の勤務時間を把握しなければいけません。オペ看護師の勤務時間とはオペ看護師にお勤務時間ですが、手術が行われている時間が、まさに勤務時間になります。手術は昼間の時間帯のみになることがありますので...

オペ看護師として働く場合には、勤務形態を確認しましょう。オペ看護師の職場をチェックすることでだいたいの勤務形態が見えてきます。その仕事の時たちもそちらから確認できるでしょう。オペ看護師ですが、“残業”、“夜勤”、“土日休み”、というものから考えてみましょう。オペ看護師の残業オペ看護師ですが、残魚の有無ですが基本的にはあります。オペの時間が長時間に及ぶこともあるからです。前もって予定時間は決められて...

オペ室ナースは転職希望者の結構多い職種ですが、普通の看護師と違うところ、オペ室ナースの特徴というものが当然あります。オペ室ナースになりたいけれど、具体的な仕事内容はよく知らない。そういう人たちの参考になればと思い、今回はオペ室ナースの特徴を書いていくことにしました。オペ室ナースの特徴ですが、何といっても一番大きな特徴はオペ室で働くということです。当たり前ですね。しかしこれ、手術の補助だから看護じゃ...

どのような仕事にも大きな悩みというものはつきものです。その中にあって医療系は特に多くの方が苦悩を抱えています。中に早めたいと思ってしまう方までいますので、まずはその仕事にどのような悩みがあるのかを考えるべきです。オペ看護師の仕事を望んでいる時には、オペ看護師の悩みを前もって知っておくことがいかに大切であるのかを考える必要があります。オペ看護師とストレスの関係性オペ看護師の悩みとして特に大きいのが、...

それぞれの仕事の人材については、必ず考える必要が出てくるのが需要というものです。人材の需要があれば、有利になるのが就職や転職です。もしも需要がなければ、就職や転職はかなり難しいです。応募しても、ライバルが多くなってしまいまして、採用されないこともあります。そもそも人材の需要がなければ、求人情報なども出てこないわけです。一方で、いま最も人材の需要が高まっている分野としては医療関係があります。オペ看護...

オペ室ナースになりたい。病院勤務の看護師の中でも患者の生死にある意味最も深く関わるオペ室ナースを希望する人は少なくないはずです。でも、実際なりたいからといっても誰でもなれるものでもないでしょう。ではそもそもオペ室ナースになるのにはどのような資格が必要なのでしょうか?少しでもオペ室ナースに近づける方法があるのであれば事前に知っておきたいですよね?ということで早速調べてみました。しかし、ある意味予想通...

病棟看護師や外来看護師としてベテランになった看護師でも、オペ看護師として働くとなるとまた1からの覚えなおしになります。つまり、同じ看護師でも仕事内容や働き方が違ってくるので、ベテランナースも新人として働くこととなります。では、そのようなオペ看護師はどのような仕事をしているのでしょうか。病棟看護師や外来看護師とは異なる特徴をあげていきたいと思います。これがオペ看護師のあり方となります。オペ看護師にな...