残業、夜勤、土日休み・・・看護教員の実態は?

MENU

残業、夜勤、土日休み・・・看護教員の実態は?

看護師の勤務形態と看護教員の勤務形態は実際に違いがあります。看護師から看護教員になる時には大きな違いを感じることもあると思います。勤務形態の中身については、ある程度の知識を持っておくことが大事です。

 

看護教員の勤務形態は特に看護師とは大幅に違いがあります。知っておけば、仮に仕事を始めた時にもうまく対処できるはずです。

 

看護教員の残業

看護教員の残業ですが、ないわけではありません。しかし、それほど多くありません。授業時間というものはしっかりと決まっています。ですので、大幅に遅くなるということ自体ないわけです。

 

何かしらの授業の準備やイベントなどの時には残業があることも考えられます。しかし、普段から残業はほとんどないと思っていただいて間違いはありません。

 

ちなみに勤務時間の一例を掲載させていただきます。

 

  • 平日:8:35〜17:00
  • 土曜日:08:40〜12:00

 

以上のような勤務時間になります。これは事前にしっかりと決められているものなので、残業にはなりにくいと思ってください。

 

看護教員の夜勤と土日休み

まず、看護教員ですが、夜勤はありません。夜学もあることにはありますが、一般的な夜勤ではありません。授業も夜の9時から10時までには終わります。

 

朝まで仕事があるということもありませんので、夜勤については心配ありません。

 

土日休みについては少し不規則になります。まず日曜日は授業がありません。ですので、お休みになります。

 

土曜日は、隔週出勤といった形になることが多いです。完全に休みになるケースは少ないと思いますが、一定数の土曜日休みはいただけます。

 

えっ!絶対に失敗しない看護師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談