履歴書の書き方はこれでOK!形成外科看護師の面接対策(^_^)

MENU

履歴書の書き方はこれでOK!形成外科看護師の面接対策(^_^)

就職をする時に必ず突破する必要があるのが、書類選考です。特に応募者が多い就職先・転職先については、書類選考は厳しく行われます。どこかに不具合があれば当然、選考から落ちてしまいますので注意してください。

 

ちなみに書類選考ですが、主に履歴書です。履歴書については受験でも書くと思いますし、アルバイトに応募する時にも書いた経験があるでしょう。しかし、就職や転職は全く違います。自分をアピールする必要もあります。

 

履歴書を見て相手側は必要な人材であるのかの判断するわけです。簡単な気持ちで書いてしまってはいけません。

 

 

■形成外科看護師の履歴書の書き方■

 

形成外科看護師に就職したり、転職したりしたい時ですが、こちらもまずは一般の履歴書の書き方をマスターしてください。具体的には自分をアピールするという事です。

 

特に短所の欄をしっかりと書きましょう。短所については、どうやっても解決できないような内容を記してはいけません。心がけ次第で直るようなものを記載すると良いでしょう。そうすれば、短所も大きなマイナスとは考えられないわけです。

 

また、長所でもあり短所でもあるといった内容の短所の記載でも良いです。例えば、短所に「心配性」と書くのもお勧めです。面接の時に、責任感があるが故の心配症である、といった説明ができれば、特に大きなマイナスに感じられることはないでしょう。

 

以上のように短所の欄一つとっても考えることが重要です。注意深く履歴書の書き方を決めてください。何も考えずに単に書いているだけだと失敗してしまいます。

 

 

また、転職コンサルタントに相談しても構いません。転職サイトにいますので、アドバイスをいただきましょう。

 

えっ!絶対に失敗しない看護師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談