形成外科看護師とは?仕事や業務内容を調べてみた(^O^)/

MENU

形成外科看護師とは?仕事や業務内容を調べてみた(^O^)/

形成外科看護師とは、いったいどのような仕事をしているのか、ということが気になっている方もかなり多くいらっしゃると思います。

 

仕事内容について詳しく調べて、形成外科看護師として働きたいという希望を持っている方もいます。

 

仕事内容を事前に調べるということは非常に素晴らしい事でもあります。そして大事な事でもあります。実際に働きはじめて仕事内容が考えていたものと全く違っていたら、それは大きなマイナスです。

 

形成外科看護師の仕事内容とは

形成外科看護師とは、まず形成外科で働くということになります。診療科目は形成外科となります。ですので、外科看護師であると思っていただいて良いです。

 

ちなみに形成外科の範囲はかなり広いと思っていただいて間違いありません。骨や筋肉に関わるもの、さらに関節やじん帯といったものに関わります。また、脊髄や脊椎、そして神経にも関わる診療科目になります。

 

それだけ多くの部分について関わりがありますので、全国各地に病院が実際に存在しています。形成外科看護師も多く働いているということになるでしょう。

 

一方で詳しい仕事内容になるわけですが、骨折や捻挫、打撲、断裂などの治療が存在しています。さらに運動がふたたびできるように回復させるようなことも仕事の詳しい内容になります。リハビリのような感覚と言っても良いでしょう。

 

また、当たり前ですが、医師の診察介助や患者の経過観察の仕事もあります。それに加えてレントゲンの準備も行います。形成外科はレントゲンを多用しますので、こちらの業務は特に重要であると判断してください。

 

また点滴や注射、そして採血といった一般的な看護師の業務もあります。仕事の範囲はかなり広いと思ってください。

 

えっ!絶対に失敗しない看護師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談