助産師はやりがいがある?仕事の魅力について考える(^_^)

MENU

助産師はやりがいがある?仕事の魅力について考える(^_^)

助産師は大変な仕事と言われていますが、助産師が感じるやりがいの瞬間とはどのような時でしょうか。

 

助産師の仕事は女性だけがなれる特別な仕事です。男性ではどう頑張ってもなれないのです。

 

男性が社会ではまだまだ役職に就きやすく、社会で活躍している印象を受ける中、助産師という世界では全員女性。性別に左右されることなく、活躍できる仕事になります。

 

人によっては、助産師の経験を重ねて、自身で独立して助産院を建てることもあります。看護師の資格だけではできないことです。助産師としてさらにステップアップができるのも魅力の1つです。

 

そして、助産師は医療の仕事の中で命が誕生する瞬間に唯一立ち会える仕事です。また看護師の免許だけでは味わえない経験となります。

 

産婦人科でも看護師はいますが、出産前後の説明や、おむつの替え方、授乳の仕方などの身の回りのことはできますが、実際の出産の瞬間になったら子供を取り上げることはできません。

 

しかし、助産師となれば、看護師ができる範囲はもちろんながら、それ以上の広範囲の出産に関わる仕事ができます。妊娠・出産に関するプロとなることで、人から頼られ、妊婦にもたくさん質問を受け、信頼関係が出来上がり、仕事へのやりがいが一層増します。

 

妊婦は先々の不安や、ホルモンバランスの寛永で情緒不安定になりやすいです。マタニティブルーになった妊婦への優しい声かけも助産師として大切な仕事の1つなのですが、出産へマイナスのイメージを持っている患者も、出産後に母の顔へ変わり、心の変化を感じ取れると、この仕事をしてよかったと感じる時です。

 

えっ!絶対に失敗しない看護師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談