失敗しない転職!訪問看護師に採用されるための適正とは?

MENU

失敗しない転職!訪問看護師に採用されるための適正とは?

就職、転職する際にはなるべく失敗をしたくないですよね。それは誰しもそのはずですが、なかなかそうはいかない場合というのもあります。では就職や転職で失敗しないためのコツとしてはどのようなものがあるのかというと、当たり前ですが自分にあった仕事を選ぶということです。

 

自分に合わない仕事を選んだとしてもすぐにやめたしまったり、仕事をしているうちに辛いと思うことが多くなったりしてきます。反対に適性のある仕事についた場合は多少辛いことがあっても乗り越えられるというケースが多いです。訪問看護師の場合も同じです。

 

訪問看護師に向いている人、向いていない人というのは当然います。今回は訪問看護師に向いている人、つまり訪問看護師の適性ということですが、そういった部分に注目しながら書いていきたいと思います。訪問看護師に向いている人として第一に挙げられることは非常に基礎的なことですが丁寧に仕事ができるということが挙げられます。

 

訪問看護師の場合、主に高齢者を中心に仕事を行っていきます。病棟勤務の看護師も当然そうですが訪問看護師が相手にする高齢者の場合は体力的にも一般の人よりも衰えていますし、ひとつのミスが生死に関わってくるのです。ですから、点滴を1つするのもそうですし酸素吸入器の管理、医療器具の点検といったものもきっちりと行える人というのは訪問看護師としては望ましいです。

 

また基礎的なことという繋がりで言えば体力が必要です。訪問看護師に求められる体力というのは夜勤や残業を乗り越える体力というものだけではなく、もっと肉体的な力を指します。高齢者を相手にする、それも訪問看護師を必要とする人は体の自由がきかないことも多いですから、そういった人たちを抱えあげたりといったこともしなければいけません。男性の場合はこの部分もある程度なんとかなるかもしれませんが、女性の訪問看護師はここで意外につまずいてしまうということがあります。

 

なので訪問看護師を目指している人は事前に体力作りというのはしっかりと行っておきましょう。

 

えっ!絶対に失敗しない看護師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談