保健師の転職対策!小論文の書き方・テーマ例文(^o^)/

MENU

保健師の転職対策!小論文の書き方・テーマ例文(^o^)/

保健師の小論文対策を考えてみましょう。保健師の方ですが、なるために小論文を書くことが必要になるケースもあります。

 

論文を普段から書き慣れている方はそういないと思います。大学などの教員くらいでしょう。ですので、論文を書くとなればいったいどうしたらいいのかが大きな問題になります。

 

保健師として採用されるような事を考えるわけですから、ある程度は内容の良いものを書かなければいけません。ただ、急に良いものを書くことはできません。付け焼刃になってしまうかもしれませんが、保健師の小論文対策でとしていいものを教えします。

 

起承転結を重要視する

まず論文の格好を考えます。単に文章を書いていても、良い論文は絶対に書けません。一方で、それほどいい内容ではないにも関わらず、ある程度しっかりとした内容に見えてしまうといったトリックのような書き方があります。

 

普段、論文を書いていない保健師を目指している方はそちらをマスターしてください。

 

では、その書き方ですが、とにかく起承転結をイメージすることです。起承転結をしっかりとするためにも4段落で書くと良いでしょう。そうすると相手に何が書きたいのかの意図もしっかりと伝わりやすいです。

 

起承転結の書き方は、覚えるのが難しい事もあります。まずは少しで良いので練習してください。短い文章で良いので起承転結と4段落を意識するわけです。

 

それだけでも大きな違いが出てきます。そのうち論文を書くのが得意になるかも知れません。ある程度、コツがのみ込めれば、採用試験で小論文を書くような時にも抵抗感がだいぶない状態になるはずです。

 

えっ!絶対に失敗しない看護師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談