履歴書の書き方はこれでOK!皮膚科看護師の面接マニュアル(^^)

MENU

履歴書の書き方はこれでOK!皮膚科看護師の面接マニュアル(^^)

看護師の中には特定の資格を持っている方もいます。その資格を持っていると、看護師としての仕事の幅が広がることもあります。またそれ以上に、就職や転職に圧倒的に有利になることがあります。

 

資格については、いつは履歴書でしっかりとアピールできます。履歴書には、「資格・免許」欄があります。そちらに記載できる医療系の資格があれば、看護師の転職は圧倒的に有利になります。

 

例えば、就職しやすいのはもちろんですが、給与的にアップしている状態で転職できることもあるわけです。さらに資格手当というちょっとした手当までいただけることもあります。実質的なメリットが次々と出てくるのが資格です。

 

皮膚科看護師が持っておきたい資格

皮膚科看護師が持っておきたい資格としては、認定看護師があります。認定看護師の中には、“皮膚・排泄ケア”分野というものが存在しています。

 

そちらを有しておけば、皮膚科看護師として専門的な知識とスキルがると証明できます。もしも、すでに持っている場合には、履歴書の「資格・免許」欄に記入してください。

 

その時には年月も記入しますので、正確なものを記入するようにしてください。誤って記入すると少し面倒なことになります。

 

もちろん、取得していることで間違いないなら大問題にはなりませんが、少し信用度が落ちてしまう事もありますので気をつけるべきです。(資格の証明書の提出時に年月の誤りが発覚する場合もあります)

 

一方で認定看護師の資格を持っていても謙遜して履歴書に記入しないと言う事は絶対にしないでください。自身の魅力を隠してしまうことになります。誰も得しないことです。

 

えっ!絶対に失敗しない看護師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談