新卒で皮膚科看護師になるには?新人看護師の就職マニュアル(^^)

MENU

新卒で皮膚科看護師になるには?新人看護師の就職マニュアル(^^)

新卒の方は勤務先を選ぶ時に、どのような基準で選ぶのでしょうか。看護師経験がある人は、「前の職場はこうだったから、次はこのような職場がいい」、「以前の職場のようにこのような仕事をしたい」という基準ができます。

 

しかし、新卒の場合はまだ働くということが未知の世界です。どのような仕事は忙しいのか、またスキルアップできるのか、働きやすいのかが分からないと思います。

 

その中でも皮膚科は比較的に新卒看護師が働きやすい仕事と言えるでしょう。自身も受診したことがあるという人も多いので、勤務内容について想像がつくのも、新卒看護師が働く自分をイメージできるポイントだと思います。そのため、皮膚科を希望する看護師が多くいます。

 

皮膚科看護師になるには、どのようなことを事前に知っておく必要があるでしょうか。まず、皮膚に関わる全般的な病気について知っておく必要があります。

 

患者は幅広く、皮膚の変化は気づきやすいので、少しの変化でも受診をされる人は多くいます。そのため、幅広い知識を持っていた方が患者との話の中で説明がしやすいです。

 

そして、皮膚の病気で怖いのが感染症です。皮膚の炎症から菌が入ってしまうことがありますので、そのようなリスクについて患者へ説明して、そのようにならないためにはどうしたらいいのかということも一緒に伝えられるようになりましょう。

 

これらは現場でも教えてもらえるのですが、忙しい職場の場合、丁寧に教えてはくれません。そのため、研修制度がしっかりした病院を選ぶことが大切です。

 

もし、研修制度の有無や選ぶ基準に迷いがある人は看護師の就職支援サイトを利用してみてください。きっと自分が探していた勤務先へサイトが導いてくれるはずです。

 

えっ!絶対に失敗しない看護師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談