病院や医療機関と一味違う外科看護師の役割とは?

MENU

病院や医療機関と一味違う外科看護師の役割とは?

外科看護師の役割というものは、3つのものが欠かせません。その3つのものがあるかないかで、外科看護師の仕事ができる場合もありますし、できない場合もあります。

 

その3つのものとは、以下のものになります。

 

  • 判断力
  • 優先順位の決定能力
  • 行動力

 

“判断力”や“優先順位の決定能力”は、とにかく外科看護師に求められるものになります。外科看護師は、手術室などで命にかかわりのある仕事を行います。ですので、患者さんの状況を瞬時に判断できるような能力が求められます。さらにそういった患者の状況を指摘する役割というものもあります。

 

また、外科看護師の仕事は非常に多くあります。外科という事で手術室だけと思ってしまうのは大きな誤りです。

 

外科看護師には、病棟での仕事もありますので、多岐にわたる仕事が任せられます。ですので、優先順位の決定能力が求められます。同時に仕事を頼まれることもあります。その中でどちらを優先するのかを瞬時で判断するのも、外科看護師として仕事をするにあたり必要なものになります。

 

最後に、行動力というものも外科看護師にはどうしても必要なものになります。上記したような患者さんの状況の確認も必要になります。また、医師の方がどういった事をいま望んでいるのかも、手術室では観察して行動に移さなければいけません。

 

ちょっとした治療の遅れが命取りになることもあるのが外科看護師の仕事です。高い能力を持ったうえでの仕事内容が求められます。

 

さらに、病院や医療機関にとって、上記のような高い能力を求められる外科看護師の存在意義は大きいものになります。役割はたくさんあるのですが、それだけの力が求められるのは存在意義の大きさの証明です。

 

えっ!絶対に失敗しない看護師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談