外科看護師の面接対策!志望動機・自己PRのポイントとは?

MENU

外科看護師の面接対策!志望動機・自己PRのポイントとは?

外科看護師になるためには絶対条件があります。それは単純な事ではありますが、面接をしっかりと突破することです。

 

その面接の中でも特に注目すべきものとして、“志望動機”と“自己PR”というものがあります。その二つの部分は避けて通ることができないものになります。

 

医療機関側としても、確実にそちらについては聞いておきたい部分になります。“志望動機”と“自己PR”についてあやふやな状態になる方は、面接で落とされてしまう可能性があると理解してください。

 

外科看護師の面接で重要な志望動機

 

まず志望動機について解説させていただきます。

 

他の職業でも全く同じなのですが、こちらについては必ず外科看護師の面接でも聞かれます。明確に答えることができなければ、大きなマイナスポイントを背負ってしまうことになってしまいます。

 

大前提として、その医療機関に特化しているような志望動機を告げることが必要です。どこの医療期間でも使いまわせるような言い方はよくありません。なぜその医療機関を選んだのかといったことを明確に答えられるように意識しましょう。

 

もしも、思い浮かばなかったら、その医療期間の特徴を調べましょう。他の医療機関との違いを知ることができれば、明確な志望動機が頭に浮かんできます。

 

外科看護師の面接で大切な自己PR

 

次に、外科看護師の面接で聞かれる可能性が高い自己PRに注目しましょう。

 

こちらについては履歴書にも記載すると思います。ですので、記載した文章について説明できるような言葉を用意しておくと良いでしょう。

 

ちなみに、自慢話になってしまうようなことは避けてください。そうではなく、実際にどういった仕事でどのように活躍したのか、といった客観的な話ができると大きなプラスになります。

 

実際に仕事で経験したものなどを交えてPRをすると良いです。

 

えっ!絶対に失敗しない看護師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談