一般の看護師と比べて外科看護師の給料は高い?【月収・平均年収】

MENU

一般の看護師と比べて外科看護師の給料は高い?【月収・平均年収】

一般の職業と比べまして、看護師の給料は高いと言われています。やはり医療系の仕事は非常にお給料という面では優遇されていると感じても間違いないでしょう。

 

ただ、看護師の中でも、給料の差というものがあります。

 

例えば、一般の看護師と外科看護師の給料には大きな違いがあると言われています。しかし、実際にどれくらいの開きがあるのかは知られていない部分でもあります。

 

こちらではその違いについて焦点を当てます。一般の看護師と外科看護師には、どれほど給料の差があるのかを解説させていただきます。

 

一般の看護師の給料とは

 

まずは一般の看護師の給料について述べさせていただきます。あくまで平均となります、新卒者やベテランの方はその金額ではないことがほとんどなので、その点は考慮に入れていただければと思います。

 

  • 平均年収:470万円前後
  • 平均月収:33万円前後

 

以上のような金額が平均値として発表されています。これらの金額については、やはりかなり高めであると判断しても間違いはありません。他の職業で、平均年収が500万円弱という数字にはなかなかならないものです。

 

外科看護師の給料とは

 

次に外科看護師の給料を解説させていただきます。外科看護師については、職場によって違いがありますので、平均を見るのは少し難しいと思われます。

 

あくまで参考としてとらえていただければと思います。

 

  • 平均年収:500万円以上
  • 平均月給:35万円前後

 

以上はあくまで全体的な平均の数字です。美容外科などになれば、月給で45万円を超えてくる場合もあります。また一般病院でありましても、月給で40万円を超えてくることもあります。

 

ここまでみていただいたように、基本的に一般的な看護師よりも外科看護師のほうが高い給料を頂けるということが分かっていただけたと思います。参考にしていただけば幸いです。

 

えっ!絶対に失敗しない看護師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談