病院や医療機関と一味違う眼科看護師の役割とは?

MENU

病院や医療機関と一味違う眼科看護師の役割とは?

医療機関の中で忙しい仕事の1つが眼科の仕事と言われています。忙しいとは、患者の人数が多いということで表現していますが、このような現場で求められる看護師とはどのような看護師でしょうか。

 

眼科の現場では、とても多い人数の患者がどっと押し寄せてきます。もちろん、人によって症状が違いますし、初診か、経過受診かも違います。

 

それらの内容を把握しながら、その場その場によってどのような検査が必要かを考えなくてはいけません。そのため看護師には、常に先々を考えられる、受け身でない人間が求められます。

 

医師としては、看護師の検査の情報を元に患者と今後の治療について話をしますので、重要な存在です。検査結果が少し違うだけで、今後の方針が決まっていくということをわすれてはいけません。

 

また眼とは人にとっては重要な体の一部。少しおかしいだけで患者は、精神的にダメージを受けてしまいます。それらの人の気持ちを察して安心を与えるのも看護師の仕事です。

 

特に見えづらい、片目が見えなくなった等の現象は今後の生活にも支障が出てしまうのではないかと考えて、落ち込んでいる人もいるでしょう。

 

検査から考えられる症状は医師が伝えてくれるものの、そのほかのアドバイスは看護師から伝えてもいいかと思います。そうすることで、患者の不安も少しは払しょくできると思います。

 

検査等の医療内容をこなすこと、覚えることも大切ですが、看護師としての存在意義として患者へ安心感を与えるということもとても大切です。患者に少しでも笑顔を作れる看護師にぜひなってほしいと思います。

 

えっ!絶対に失敗しない看護師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談