眼科看護師に向いてる人、向いてない人。適正を考える(^_^)

MENU

眼科看護師に向いてる人、向いてない人。適正を考える(^_^)

眼科看護師に限ったことではありませんが、眼科看護師にも言えることがあります。それは、適正がなければ眼科看護師として長く働くことは難しいということです。その仕事に向いている人、向いていない人というのは必ず存在するものです。

 

自分が看護師に向いているのだろうか、漠然と眼科看護師を目指しているけれどもその適性というのも事前に把握しておきたい。そういったことを理解しておいた方が面接や小論文などはもちろんのこと実際に働きだしてからもある程度その知識が役に立つのではないか。

 

そういう風に私は思います。ということで今回は眼科看護師としての適性を考えていきたいと思います。まず、眼科には小さい子供からお年寄りまで幅広い年齢の人が訪れます。ですからその度その人の年齢や性格に合わせた対応をしていく必要がでてくるわけです。

 

子供が苦手、あるいはお年寄りと話が合わないというのでは眼科看護師としての仕事は務まらないのです。なので単純に眼科看護師の仕事ができる、できないというだけの話ではなく接客の面でのスキルも眼科看護師には求められます。

 

他にも眼科看護師の場合は、他の看護職で扱う機械よりも精密な機械を数多く使うことになります。眼科看護師の業務の多くが検査の補助などになりますから、これらの機械の使い方を覚えずには仕事は務まりません。それはなかなか時間のかかる作業ですが、簡単に機械の使い方が覚えられないからといってあきらめるのではなく、そういったことに対しても取り組んでいける人というのは眼科看護師としての適正があると思います。

 

また使い方を覚えた機材を丁寧に、かつ必要に応じて冷静に使うことができるというのも眼科看護師に求められる能力の1つでしょう。

 

えっ!絶対に失敗しない看護師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談