眼科看護師ってどんな仕事?その特徴やあり方を考えてみた(^_^)

MENU

眼科看護師ってどんな仕事?その特徴やあり方を考えてみた(^_^)

眼科の看護師はどのような仕事をしているのでしょうか。眼科看護師のやあり方についても考えてみたいと思います。

 

眼科の仕事はほとんどの場合が、症状を聞いて医師が診察する前に各検査を行い、医師が症状を判断する手段とします。その中でも症状としてどの年代にも多いのは、「視力の低下」を理由に眼科を受診するケースです。

 

その場合は、視力検査、眼圧検査等を行います。また、コンタクトによる目の炎症や年齢が上がると目がみえづらいなどの症状で受診されます。色々な受診内容から、どのような検査が必要かというのを瞬時に考え行動する必要があります。

 

そして眼科の看護師の仕事は細かい仕事が多いということです。作業が一瞬で終わることもあります。そのような患者に関わる細かい作業でも、好きでこなせる人がこの仕事に向いているでしょう。

 

また、眼科は手術が多い診療科でもあります。1回が時間の短い手術だとしても、1つ1つ手術ができる状態に仕上げていくのは看護師の仕事です。

 

医師が簡単に行ったとしても、術後の後遺症も考えられるので、患者への注意勧告や、術後の経過予想についても伝え、患者の精神的負担を和らげるのも大切な業務です。

 

最後に今はレーシック眼科のような専門的な眼科もあります。普通の眼科とは仕事内容が全然違いますし、特殊な空間です。

 

レーシックは目の視力をあげる手術なので、患者事態は病気を持っているわけでなく、元気な状態で受診をされます。レーシックを受けるという1つの目的のために来られますので、レーシックについて適切な情報提供が求められます。

 

えっ!絶対に失敗しない看護師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談