病院や医療機関と一味違う病棟看護師の役割とは?

MENU

病院や医療機関と一味違う病棟看護師の役割とは?

病棟看護師の役割というものについて考えてみましょう。一般的な看護師の役割とはどういった部分に違いがあるのかをチェックすることが大事になります。病院や医療機関で一般的に働く看護師とはどのような違いがあるのでしょうか。

 

そもそも、病棟看護師はかなり特化している看護師と言っても良いでしょう。病棟に勤務する看護師ということになるわけです。仕事内容は大きく一般の看護師とは違うわけです。病棟以外に勤めている看護師とは仕事内容が大幅に異なることもあります。

 

患者さんの身の回りのお世話

病棟看護師の特徴ある役割としては、患者さんの身の回りのお世話というものがあります。外来で病院に来る患者さんについては、自分のことは自分である程度できる方が多いです。そちらで勤める看護師さんは、特に患者さんの身の回りの世話をしなければいけないということもありません。

 

一方で、病棟看護師の場合は、入院している患者さんの対応を行います。ですので、寝たきりの方の看護もする事になります。生活の事を自分ではできない方も多くいますので、身の回りのお世話というものも必要になります。

 

車いすで、トイレまで連れているようなこともあります。また、体を綺麗に拭くようなお仕事もあります。介護の仕事に近いような業務もありますので、注目していただければと思います。

 

病棟看護師の存在意義

所記したように患者さんにかなり密接に寄り添う存在になります。看護という観点での存在意義はものすごく高いです。病気により体の調子がかなり悪くなった時に、病棟看護師という方がいなければ大変な事になります。

 

存在意義というものがしっかりとあるわけです。いなくなってしまったら、大変な存在であるということも覚えておくと良いでしょう。現在、病棟看護師として働いている方は、自分の仕事に誇りを持つべきです。

 

えっ!絶対に失敗しない看護師の転職必勝法って?


 


私はコレ年収が100万アップしました(^^)/


転職活動で悩みを抱えているあなたの参考になれば幸いです。


→私が転職に成功した時の体験談